FC2ブログ
就職活動 ブログ  もてナビ
極秘手法を公開し、就職活動生を応援していきます。
初任給☆
今日は、会社を選ぶ際の基準について書こうと思います。

みなさんは、会社を選ぶ際、何を基準に選んでいますか!?

おそらくこの答えは、十人十色でしょう。

正解もないと思います。



ただし、最近疑問に思うことがあります。

最近の就職活動生は、安定思考が強まっていて、それに追い風となるこの就職氷河期。
以前ののようなベンチャー企業(起業)を志す学生は少なくなってきています。

一方、会社に求めるものは何でしょうか?という質問に対しては、
「やりがい」「福利厚生」を差し置いて、
「初任給」を重視するという声が多いです。


ここで、疑問を感じませんか!?


前者=長期視野
後者=短期視野


前者のような安定を求めている学生であれば、長期的(生涯年収)で見たほうがいいのではないでしょうか?


だから、就職四季報の右上には、40代前後の平均年収が掲載してあるのだと思います。


このことを、もう一度意識して、企業を選んでみてください。

それでも、変わらなければ、それだけしっかりとした、会社選びができているんだ!と自信につなげてください。




ジョーカーを自ら切り落とすな!
私の友人の実際の話です。


私の友人は、就職活動を真剣に取り組むことなく、4年の夏を迎えました。
この時期というのは、一次募集企もほとんどなくなる時期。


そんな時期に彼は、ブライダル業界に行きたいと目覚めました。

そこで、彼はブライダル業界以外は、すべて受けませんでした。

その結果、「新卒」という大切なブランドをなくしてしまったのです。

確かに、ブライダルしか絶対に行きたくないのであれば、それでもいいのかもしれません。

しかし、ブライダル業界は、該当する会社が少なくそれだけに絞るのは非常に危険です。

私ならまず、他の業界で、選考(面接・筆記試験)などで場慣れをし、それから本番である、ブライダル業界を受けに行きます。

ただし、場慣れも大切ですが、もうひとつのポイントがあります。

それは、

他の業界で、内定を戴いておくのです。

これは、最強の切り札にもなります。

なぜなら、どこかで、内定をもらった「自信」

この学生に内定を出した企業がある=ある程度信用して内定出しても、
損はしないだろう。という「信頼」

そして、その業界が、関連なさそうな業界だとしたら、ほとんど面接で、なぜ、違う業界なのかを問われることを、知っていれば、それにしっかりと答えることができれば、相当なプラスの評価につながる。

例(内定先の業界:飲料メーカー)
「幸せになる瞬間を飲料という商品を通して広めて行きたいと思い、飲料業界を志望しました。
特に御社では・・・ということもあり、御社を志望いたしました。」

と言って、内定をもらっていたとしよう。

ブライダル
面接官「なぜ、違う業界なのかね?」
自分  「ハイ。(いいえ。という否定から始めない)私は、幸せになる瞬間を広めて行きたいと思い
ました。確かに、飲料業界でも十分広めることは可能だと思っておりますが、人生において一番幸せになる結婚式をプロデュースできるということは、私も見ているだけで幸せになり、よりいい提案ができると考えたからです。特に、私はこんな体験があります・・・(それに近い体験を述べる)」

面接官「どの業界でも軸は決まっていて、なお、この業界なら、活かせることができると考えているのか~。しかも当社でしかできない強みも知っている。」

という感じで、ブライダルの内定をゲットしに行きます。

このように、他業種の内定と言っても、最強のジョーカーのカードに化けるかもしれません!



























無料でエントリーシート添削します☆
無料でエントリーシートを添削致します。

ご希望の方はどうぞ!


応募資格
1、氏名(イニシャル可)
2、性別(書かなくてもOK)
3、受ける会社名(業界だけでも可)
4、受けるに際しての、心境(簡単でもOK)


以上

宛先
motenavi1@yahoo.co.jp    

件名には、「エントリーシート添削希望」と記載してください☆

人数がある程度達したら締切る予定です。しっかりと添削したいので☆

ではでは、お気軽にどうぞ!




エントリーシート1<的は一つ>
エントリーシートの書き方で、多くの学生が陥りやすい書き方がある。

悪い例
「○○(バイト・サークルetc)をしてきました。そして、△△を学びました。それから、××も学びました。それと・・・」

学生の多くはこのパターンによく陥ります。

よくわかります。たくさんアピールしたいし、過去の自己分析を多くした人ほど、このパターンに陥ります。

とりあえず。これだけは覚えてください。
<POINT1>
「○○をしてきました。その結果、××を学びました。」

と、学んだことを一つに絞ってください。

それと、

<POINT2>

最初の一行目に持ってくるようにしてください。

理由:言いたいことを一つに絞ることによって、自己分析がしっかりできている。
    また、どういう人間なのかも一目で、人事がわかりやすい。
    特に、多くの学生が受ける人気企業では、冒頭文一行と結末文一行を見て、
    筋が通っていれば、中身を見るな~んて言う会社も少なくないからね。


今日の<POINT>   的を一つに絞って、冒頭一行目に持ってくる☆
    







説明会で内定情報ゲット!
就職活動で、会社説明会に行く機会があると思います。

多くの学生が、目立とうとして、頑張って質問しているかもしれません。
これを読んでくれてる学生の中にもいるのではないでしょうか?

でも、その前に、やってほしいことがあります☆

よくある、悪い例を先に取り上げたいと思います。

<悪い例>
1、給料っていくらくらいですか?
2、福利厚生はしっかりしていますか?
3、やりがいって何ですか?


まず、1と2ですが、私は、ホームページで得られる情報も調べてきていません。
と、アピールしているのと同じです。

せっかく、会場に足を運んでいるのだから、そこでしか聞けないことを聞きましょう。


3は、聞いてもいいですが、結局は、個人の価値観の違いです。


おそらく返って来る回答は、以下です。

a、つらいことがあっても、お客様に認められた時。
b、企画や提案が採用された時。
                   など

しかし、もっと聴くべきことがあります。


<極秘>

面接時に自分が聞かれそうなことを聞くのです。

なぜならば、説明会に来ている社員さんは、実際に内定した方でもあるからです。

【例】

「なぜ、この会社に入社しようと思ったんですか?志望動機って何だったんですか?」
「ん~、食品関係がしたかったからかな~」
「食品会社なら別に、この会社でなくても良かったってことですか?」
「そうでもないよ、××ができるのはココしかないからね~。

そう。「××」これをききだしてください。ここが、実際の面接で聞かれる質問であり、答えです。面接のときに是非、志望理由に織り込んで内定をゲットしてくださいね☆


*今回の極秘法は、大きな声で、手をあげて聞かなくても、
学生が帰ったあとに、じっくり、聞いてみてもいいと思います。

                                   
                                     以上





プロフィール

もてナビ

Author:もてナビ
年齢:29
職業:日本電気株式会社(NEC)入社。
現在は、キャリアコンサルタントとして活躍中。 
ひと言:エントリーシート無敗!面接99%突破してきた手法を公開していきます。是非、希望の会社の内定を勝ち取ってくださいね☆



最新記事



最新コメント



リンク

就職活動ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 就職バイトブログへ
人気ブログランキングへ

このブログをリンクに追加する



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



絶対おススメ参考書☆












ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサー